白黒王国国政創造推進課特別室

アクセスカウンタ

zoom RSS 花ゆめ最新号 続き妄想

<<   作成日時 : 2013/11/24 10:33   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

※ネタばれを含みます。

ちょこっと妄想なので、テーマもタイトルも特になく、自己満で終わります(^^;
それでも許してくださる心広い方はどうぞ☆






********






「…どう……して? …コーン……どうして…そんなに…あなた、敦賀さんと身体のデータ、同じなの……?」

 私のそんな質問に、コーンは微笑んで答えた。

「やっぱり、ばれちゃったか」

「え……?」

「実はね」

 目の前の人は絶対にコーンだって……それはわかっているのに、敦賀さんの声と体のパーツを持った彼に緊張する。もう顔は敦賀さんそのものにしか見えなくて、緊張感は高まる一方だ。

 そんな彼は、私に驚くべき事実を言った。

「この体も、その敦賀蓮っていう人のコピーなんだよね」

 私は一瞬息をのみ、それから一気に吐き出した。

「っえぇ!? コーンの成長した姿じゃないの!!?」

「髪の色とか目の色はこんな感じだけどね。でも、声同様、俺の姿をすべてこっちの世界で再現するのは難しくてね。キョーコちゃんの身近な人のなかで、俺の姿にすごく近い人からこの姿も借りたんだ」

「そうだったの……」

 コーン自身の完全な姿じゃないと知り、私は残念に思った。

「でも、この姿は本当に俺にすごく似てるよ。キョーコちゃんもちゃんと俺だってわかってくれただろう?」

 確かに、コーンの言うとおり、私にはちゃんとコーンだってわかった。

「だから、安心して?」

「……」

「俺は、ちゃんと大人になったんだよ」

 コーンはそう言って、私の頭を撫でる。その掌は温かく、とてもとても馴染み深いもので、私を緊張させ、そして同時に安心させてくれるものだった。

「コーン」

「ん?」

「大好き!」

 私が心のなかにあった素直な気持ちを口にすると、一瞬コーンは驚いたようだったけれど、天使みたいにふわりと微笑んで、私の体を包み込むように抱きしめた。







********





要は、ファンタジーな世界からの来訪者であるコーンは、蓮にとってどこまでもおいしい役ってことですよね(^^)
幸せな回が続いていて、私もとってもHAPPYです♪


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
花ゆめ最新号 続き妄想 白黒王国国政創造推進課特別室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる