白黒王国国政創造推進課特別室

アクセスカウンタ

zoom RSS 新☆LME学園 06

<<   作成日時 : 2012/01/15 16:49   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0



 SBの特権で使える小奇麗な応接間にキョーコちゃんを招くと、俺は彼女をソファーに座らせた。部屋に入って来てからずっと美しい装飾の施された壁やら天井やらを興味深く眺めているキョーコちゃんに俺が「あのね」と話しはじめると、彼女は夢から覚めたようにその表情を引き締めて、背筋を正した。


「キョーコちゃんにお願いがあるんだ」


「なんですか?」

「キョーコちゃん……生徒会に興味ない?」

 本当の本当は、「蓮に興味ない?」とストレートに聞いてみたいところだったが、蓮以上にキョーコちゃんが俺の望む返答を返してはくれないことはわかりきっていた。今朝の様子からして、彼女はその白い肌を青白いものに変えて、「どういう意味でしょうか?」と聞くだろう。そして、「恋愛対象としてどう?」なんて聞けば、きっと、「とんでもございません」とふるふる子ウサギのごとく震えるに違いない。いまのところ、蓮に対してキョーコちゃんが恋愛的感情を一切持っていないことだけははっきりしているのだ。

 だけど、蓮には、蓮の顔や才能や経済的能力に興味を持って近づいてくるミーハーな女の子ではなく、キョーコちゃんみたいに蓮の持っているそういう恵まれたものに全く興味を示さない女の子ときちんと恋愛をして幸せになって欲しいのだ。余計な御世話だと言われるかもしれないが。

 もちろん、蓮ならキョーコちゃんを不幸にすることは絶対にないと確信している。

 蓮にも、そして、キョーコちゃんにもまずはお互いを意識してもらうために、俺は糸を張る。すこしずつ、すこしずつ、二人の周りに戦略的な糸を張っていく。最初の糸はさっき、キョーコちゃんの親友に張ってきたから、次は、ここ……キョーコちゃんの目の前に、糸を張らなければいけない。


「そろそろ次の高等部中等部の生徒会役員を決める時期だから、候補者を探してるんだ」

「でも、私はまだ一年ですよ」

 予想通りの返答に、俺は穏やかに笑う。


「必ず二年生から決めなくちゃいけないって規則はないんだよ。実際、蓮は中等部の頃も高等部の頃も一年から卒業ギリギリまで生徒会長だったし」

「そうなんですか……」

「あいつ、人気あったからね」

「でも、私には無理です。会長みたいな人気は私にはありませんから、生徒会役員なんて務まりません」


 謙遜……というか、彼女の表情から察するに、本当にキョーコちゃんは自分には生徒会役員が務まらないと思っているらしい。人気などないと、本気で思っている。

 どうやらキョーコちゃんは、自分のこと……そして、自分を見る周囲の目が全然わかってないようだ。キョーコちゃんの親友である琴南さんはその辺のこと(自分の価値)を、恐いぐらいによくわかっていたみたいなのに。

 そういう鈍いところもキョーコちゃんの魅力の一つなのだろう。彼女のことをジッと見つめる俺に彼女は「???」という表情をして、それがまた可愛いと思う。


「別に人気だけあればいいってものじゃないから、俺はキョーコちゃんの頭脳明晰なところを買って、次期高等部生徒会役員に推薦したいんだ」

「頭脳明晰だなんて、言いすぎですよ」

 この学園の入試問題は他校と比べるとかなり難しいはずなのに、それで満点を取っちゃうキョーコちゃん以外の一体誰に「頭脳明晰」という言葉を使えばいいのだろう?


「俺がキョーコちゃんを推薦すること、許してくれる?」

「でも、私には……」と、眉尻を下げて心底困った表情を見せるキョーコちゃんに、俺は先ほど張ってきた糸……切り札を提示する。


「琴南さんにはもう推薦する許可をとってあるんだよ」


「……モー子さんが、生徒会に入るんですか?」

 それまでとは打って変わって明るい表情になったキョーコちゃんに、俺はにこりと微笑む。


「キョーコちゃんも、いいよね?」


 俺のこの交渉の勝利は、キョーコちゃんが大好きな琴南さんと交渉を成立させた時点で決まっている。

「モー子さんが一緒なら」

 そう照れた表情で微笑むキョーコちゃんは、デジタルカメラを持ってこなかったことを後悔するほどに可愛かった。







********


所用がなくなり、余裕で更新中。

あえて言うなら、まとわりつく姪が邪魔でござる。


策略ヤッシー☆参上!!

なぜヤッシーがこんなにも蓮氏の幸せを願うのか不思議です。(笑)


予想外にグダグダと話が進まず、いまだにキョコさんと蓮氏が同じところに立ってないんですが、次回もグダグダと続く策略ヤッシーにご期待くださいw



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新☆LME学園 06 白黒王国国政創造推進課特別室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる