白黒王国国政創造推進課特別室

アクセスカウンタ

zoom RSS 新☆LME学園 063

<<   作成日時 : 2013/04/29 21:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0



 その日一日、私の心が落ち着きを取り戻すことはなく。そして、疲れて眠られてしまった奥様の瞳が開くことはなかった。

 おじ様も敦賀さんもいない一人の夕食を終え、部屋へ戻った私はいつもよりも随分とはやくベッドに入っていた。

「……」

 ベッドのなかへ入って数時間……疲れている身体はベッドに沈みこんでいるのに、心が落ち着くことはなく、目は冴えたままだった。

『俺は、会えないんだ……』

 敦賀さんの眼差しが頭から離れず、私はベッドの上に身を起こした。ベッドわきで脱いだ室内用のはき心地のいい布製の靴をはき、ショールを手に取ると、キッチンへと向かった。

 気持ちを落ち着かせるためにお茶を淹れようと思った私は、キッチンへ来ると、茶葉の置かれた棚を見渡し、いつも奥様のために淹れるローズティーを手に取った。

「……」

 ローズティーの茶葉を入れたティーポットにゆっくりとお湯を注ぐと、薔薇の香りがふわりと私を包み込む。

 私は銀のトレーにティーポットと同じ柄のティーカップを二つ載せ、いつも奥様と過ごす部屋へと向かった。

「………」

 その部屋へと行くことはひとつの賭けみたいなものだった。もしそこに“彼”がいたなら、彼自身のことを聞いてみようと思った。そして、“彼”のことを知ることによって、敦賀さんのことを知ることができないだろうかと、そんな期待を抱いていた。

「こんばんは」

 月の光を透かすレースの波を通って部屋の奥へと進むと、大窓が開き、中庭に背の高い男性の姿があることに気がついた。

 声をかけると、彼はゆっくりと振り返る。

「あの、ローズティーを淹れてきたんです。飲みませんか?」

 昨夜とは違う彼の表情や雰囲気に気付くこともなく、私はローズティーをカップに注ぐ。

「今日も、綺麗な星空ですね」

 敦賀さんの眼差しと声が頭から離れない私は、目の前の人の眼差しに気付かず、視線にさえ気付かず、空を見てもいないのにいい加減な言葉を口から漏らす。

 そして、部屋に入ってから一度も彼のことを見ることもせずに、ただ自分の気持ちを優先する。

 敦賀さんのことが知りたいという気持ちを。

「あの……クオンさんにお聞きしたいことがあるんです」

 そう話を切り出した私の言葉を、彼は優しい夜風にさえかき消されそうな声で遮った。

「君は」

 その声にやっと顔を上げて、私は彼を見た。そして、次の彼の言葉に一瞬言葉を失うことになる。

「俺のことが好きなの?」

「………え?」

「君も、蓮よりも俺のことが必要なんだろう?」

 彼の雰囲気がいつものクオンさんとは違うことに、私はようやく気がついた。

「………クオンさん?」

 そう“彼”の名前であるはずのものを口にしてはみたものの、私は自分の選んだその言葉に自信がなかった。

「君も、母さんも、父さんも……みんな、俺のほうが大切なんだろう?」

 今にも震えそうな彼の声を、

「あいつのことなんか……」

 今にも透明な雫が零れそうな彼の目を、

「要らないんだろう?」

 深い悲しみを漂わせるその眼差しを、私は知っていた。

「……敦賀さん」

「っ!」

 私が正しい解答を得た瞬間、彼はその瞳を見開いて、口を引き結び、緊張の表情を見せた。

「敦賀さんがどうして……」

 どうして、その格好を? という言葉は出て来なかった。きっと、彼は……クオンさんは、ずっと敦賀さんだったのだ。

 彼は私から目を逸らすと、「俺は蓮じゃない」と、苦しそうに言葉を漏らす。

 私はその言葉を「いいえ」と否定する。

「あなたは、敦賀さんです」

 私には彼が否定して欲しそうに見えた。早く、“彼”から解放して欲しいと訴えているように思えた。

「………」

 言葉を失い、迷子の子供のように次の行動を見失った大きな人を、私は抱きしめた。小さな子供を慰めるように、そうしたいと思ったのだ。

「敦賀さん……敦賀さんのことを、教えてください」


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新☆LME学園 063 白黒王国国政創造推進課特別室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる