白黒王国国政創造推進課特別室

アクセスカウンタ

zoom RSS 新☆LME学園 020

<<   作成日時 : 2012/01/29 20:59   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0




 俺のことなど嫌いだろうに。なぜ、彼女は俺に自分のお弁当をくれたのだろう?

 なぜ、嫌いな人間の身体を心配し、気を使うことができるのだろう?


「どうしたの? 敦賀くん」

 講義室で話しかけてきたのは貴島くんだった。

「君がボーっとしてるなんて、珍しいね」

「そう? ちょっと疲れてるのかな」と、スキャンダル好きの彼をかわそうと思ったのだが、貴島くんは目ざとく、数冊の厚いテキストを入れてあるバッグの一番上に置いてあったものを見つけた。

「なにそれ? お弁当箱?」

 貴島くんは俺のカバンから勝手にお弁当箱を取り出すと、面白いおもちゃを見つけたように興味深く眺めた。

「なになに? 女の子からもらったの? 敦賀くんが受け取るなんて珍しいね」

「いや、別にもらったというわけでは……」

 確かに、もらった。しかし、それは女性が俺のためにわざわざ作ってきたという今までのパターンとはかなり違った入手事情なので、それを彼の言うところの『もらった』と同じ意味で言うわけにはいかないだろうと思う。

 そんな俺の考えなど知る由もない貴島くんは勝手に一人で想像を膨らませているようで、「あっ!」と叫ぶと、とんでもなく勘違いなことを言いだした。

「もしかして敦賀くん、カノジョできた?」

「できてないよ……」

 なんでそうなるんだ? と思いながら答えると、貴島くんはなぜか確信を得たように頷く。

「じゃぁ、好きな子ができたんだ」

「違うから」

「そうなの? じゃ、敦賀くんが自覚してないだけだね」

「……どうしてそういう話に?」

「どうしてって……いつもは女性からの贈り物を、たとえそれがどんな些細なものであれ頑なに断る敦賀くんが、お弁当なんてむしろ受け取るには相手の想いが重すぎるものを受け取っている」

 そりゃ、いつもの“俺のため”に作られたお弁当ならそこに込められた想いは重すぎて、絶対に受け取らない。

 女の子からもらえるものならなんでもウェルカムな貴島くんでさえも、お弁当だけは受け取らない。

「敦賀くんの隙を突いて渡されたお弁当だったとしても、君は絶対にそれを食べたりはしない」

 貴島くんは手に持ったお弁当を振り、その中身がないことを確認する。

「このお弁当を敦賀くんが受け取った事実よりも、このお弁当を敦賀くんが食べたという事実が、敦賀くんの心境を物語っている。敦賀くんはこのお弁当を渡した相手に好意を抱いているということだよ」

 そう堂々と言われても……俺が受け取ったこれは、そんな想いが込められたものではない。

「いや……」

「本当に違うから」と、貴島くんに改めて訂正しようとしたその時、講義室の前の廊下が急に賑やかになった。そして、石橋くんの「キョーコちゃん」という声が聞こえてきた。

「どうしたの? こんなところで」

 廊下の方へと意識を集中すると、石橋くんと最上さんの会話が聞こえてきた。


「光さん。こんにちは」

「なんか今日の格好、大人っぽいね」

「そうですか? モー子さんが、休み時間にしてくれたんです」

「へぇ〜。すごく似合ってるよ」


 そんな二人の会話を貴島くんも聞いていたらしく、廊下へと出る扉の方へと歩き出す。

「大人っぽいキョーコちゃん? ……想像できないな」

「ちょっと見て来るよ」という貴島くんの肩を俺は掴み、彼の歩みを止める。

「貴島くん、そういえばこの書類に目を通しておいて」

 俺は貴島くんの手からお弁当箱を奪い返すと、その手に書類の束をのせて、にこりと微笑んだ。

「え!? 敦賀くん!!? こういう面倒なのは敦賀くん担当だよね!?」

 慌てている貴島くんを放っておいて、俺は早々に廊下へと出た。






********


貴島さんはいいあて馬になると思う。

しかし、正直、書いていて楽しいキャラではない (´▽`)

鼻につくキャラは、自分で書いてても鼻につく。

しかし、いいあて馬になると思う。

なので、今後も出ます★


あ。光さんも頑張ってるけど、あて馬としては力不足です ガンバァ━━━(`・д・´)ノ━━━!!!!


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新☆LME学園 020 白黒王国国政創造推進課特別室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる